スタッフ

古屋 陽司(ふるや ようじ)

院長
モットー真心こもった確かな施術
趣味・マイブーム散歩
得意なことゆったり、のんびりすること

私が健康法や手技療法を学び始めたのは、
今から30年近く前になります。

最初の10年は、学校以外にも
セミナーや勤め先の治療院・整形外科などで
整体・カイロプラクティック・指圧・運動療法
などを学び、現場で実践して参りました。

そうして色々と勉強してきた結果
「オステオパシーで皆様の悩みを解決したい!」
という結論にたどり着きました。

幸運だったのは、日本のオステオパシー界で
第一人者であられたと言われれている
故・石蔵先生の下で、内弟子として
助手をしながら学べたことです。
師匠の亡くなられた後も7年間に渡り
その施術院の院長として勤めておりました。

しかし、“故郷に戻り開業したい”という
予てからの想いがあり
幼い頃から度々参拝していた三嶋大社の近くで
当院を開院するに至りました。

故郷に戻りたかったのは、
オステオパシーという素晴らしい施術法を用いて
「生まれ育った地域の皆様に
 “健康で明るい生活”を送るお手伝いをしたい!」
と思ったからです。

“なぜオステオパシーが良いのか?”!

その理由はあげればキリがないのですが
“論より証拠”。
言葉での説明よりも実際に施術を受けて頂けたら
きっとご理解いただけると自負しております。

当院では“真心こもった確かな技術”をモットーに
皆様ひとりひとりに合わせて
丁寧に施術させていただきます。

ぜひ、
“オステオパシーとはどんなものか?”
を体験してみて下さい。
「どこに行っても良くならない」と
諦めていた方々にも希望が出てくることと思います。

ご来院下さるのをお待ちしております。