オステオパシー問診の続きです。

問診の続きです。
最初に患者さん自身が感じている症状に関することを聞いた後、
“その症状に対してどんな対処をしてきたのか?”ということをお尋ねしていきます。

「何もしていない」とか、「市販薬でなんとかしようとした」という方もおられますが、
大抵はどこかで診てもらっています。

どんな所にお世話になったのか? 病院? 接骨院? 鍼灸院? マッサージ? 整体院?など

もし病院に行っていたら、
どんな検査を受けてどんな診断を受けたのか?どんな治療をしたのか?

接骨院なら保険外の施術も受けたのか?
鍼灸院やマッサージ・整体などでは、どんな施術をしてもらったのか?
など聞いていきます。

何軒も色々な所にかかっている方もおられ、
中には
的外れな診断をされていたり、
とんでもない施術をされていて「尚悪くされたのでは?」と思わされることもありますが、
「こんなことをしてもらったらこんなことがあった」などということも聞かせていただき、
参考にさせていただきます。

そして、この後
過去のことや日常生活のことについてなど色々と聞いていきます。

関連記事

  1. オステオパシー「問診」について

  2. 待合室のシクラメンが、今年も沢山の花を咲かせてくれました‼️…

  3. 待合室のシクラメンに蕾が一つあるのを見つけました!

  4. オステオパシーの創始者 A.T.Still先生の自叙伝

  5. 4大原則その3)身体は“自然治癒力”と“自己調整能力“を持つ…

  6. 腰のヘルニアになり、コルセットを買い取りたいと言われていた方…