オステオパシー「問診」について

「問診」とは“診断の参考になることを患者さんから聞き出すこと”と説明しました。

当院では最初にご来院された時、まず問診票にご記入していただき、
それを見ながら色々と詳しく聞いていきます。

どんなことをお尋ねするのかというと
まずは「どこにどんな症状があるのか?」ということからですが、
一番困っていることだけでなく、気になる所は全部言ってもらうようにしています。
「これはもう治らないだろう。」と諦めてしまっていることも。

どこが痛いのか?痺れるのか?
それはどんな感じか?
いつから?
どんなキッカケで?
どんな風に変化してきているのか?
どうすると症状が強くなって、どうすると楽になるか?など、

その症状の原因がどこから来ているのかを知る参考にする為に、
できるだけ具体的に、
細かいところまで聞き取るようにしています。

他にも色々と聞いていきますが、長い文になるので次回に続きます。

関連記事

  1. 4大原則その3)身体は“自然治癒力”と“自己調整能力“を持つ…

  2. 4大原則その2)構造と機能は互いに関係し合う。

  3. 良い治療院の見分け方

  4. オステオパシーって骨をやるの?それとも筋肉?

  5. 待合室のシクラメンが、今年も沢山の花を咲かせてくれました‼️…

  6. よく聞かれる事「オステオパシーって何か?」