運動指導もしています。力の抜き方を身につけることと日常動作の改善

私の治療院では、手技療法を施術する以外に、
希望される方には“運動の指導”もしています。

運動といっても多くの方が想像するようなものとは違い、
主に
「力の抜き方を身につけること」と「日常動作の改善」が目的になります。

まず
1.力を抜いてリラックスすることから始めて、

2.良い立ち方・座り方を学んでもらって、
3.正しい歩き方や、関節に無理がかからない正しい動かし方をしてもらうことで、
動作の悪い癖を修正してもらいます。

前回「構造と機能は互いに関係し合う」ということを書きました。
ここでもこの原則が生きています。

原因の軽い痛みなどは、
手技を施さなくても、
動作の修正がうまくいけば、その場で痛みがなくなることもあります。

私自身、
肘を痛めた時に中々良くならなかったのを、運動することで改善しました。
ちょっと荒療治でしたけど…。

時々患者さんから
「自分が調子悪くなったらどうしてるの?」と聞かれますが、
触ることができる所は自分で施術してますが、あとは運動をしてなんとかしているのですね。

関連記事

  1. 良い治療院の見分け方

  2. オステオパシーって骨をやるの?それとも筋肉?

  3. オステオパシー問診~過去のことや一見出ている症状と関係無さそ…

  4. オステオパシーの創始者 A.T.Still先生の自叙伝

  5. 4大原則その2)構造と機能は互いに関係し合う。

  6. オステオパシー「問診」について