オステオパシーって骨をやるの?それとも筋肉?

「オステオパシーって骨をやるの?それとも筋肉?」というようなことをよく聞かれます。

 ➡ 答えとしては
「骨も筋肉も、必要があればその他の組織も、体全体が施術の対象になりますよ。」
となります。

「それを見つけ、治し、放置しなさい。」
これは、創始者・A.T.スティル先生の有名な言葉です。

オステオパシーでは、
この言葉の中の「それ」について、
つまり「施術する対象」について、
伝統的に「オステオパシー的病変」という言葉が使われてきました。

でも、
「これでは患者さんや他の医療従事者どころか、オステオパシーに携わる者にも判りにくい」ということで、
80年代から「体性機能障害」という言葉がよく使われるようになっていきます。

「オステオパシー的病変」はもっと大きな意味があるので「体性機能障害」とイコールとは言えませんが、
「体性機能障害」は実際によく扱うものです。

「体性機能障害」とは
体性系(筋骨格系)つまり、身体の枠組みとなる
骨・筋肉・筋膜・靭帯・関節などその他の結合組織
及び
それと関連する血管・リンパ管・神経の
機能の異常または変化
のことを言います。

オステオパシーの手技療法は、それぞれの組織を対象としたテクニックがあります。
骨には骨への、筋肉には筋肉への、関節には関節への、
というように、沢山のテクニックがあるのですね。

関連記事

  1. オステオパシーって実際にはどんなことするのかを知らせします

  2. トランプ大統領ツイッターのオステオパシー

  3. よく聞かれる事「オステオパシーって何か?」

  4. オステオパシー問診の続きです。

  5. オステオパシーは整体などと何が違うのか?

  6. コロナウィルスの感染が広がりつつありますが、スペイン風邪とオ…