坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因は坐骨神経が刺激や圧迫を受けて起こる

坐骨神経痛の原因として考えられていることには、坐骨神経という腰の辺りから足にかけて広がっている神経が、刺激を受けたり圧迫されたりすることで、痛みやしびれを感じるとされています。

また、坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄などの疾患が原因となって発症するともいわれています。

若い人には腰椎椎間板ヘルニアが多くみられ、腰部脊柱管狭窄は高齢の人たちが多いといわれる疾患で、坐骨神経痛はこれらの疾患が原因でもあるようです。

関連記事

  1. 自律神経失調症にならないためのトレーニング

  2. ストレッチは肩こり、ダイエットに効果

  3. 自律神経失調症の症状と内容について

  4. 座ったままストレッチで肩こりをほぐしましょう

  5. 冷え性の原因とは

  6. 自宅でダイエットをするなら食事の管理をしっかりと行う