よく聞かれる事「オステオパシーって何か?」

この前は「オステオパシーの名前の由来」について書きました。
今日から
“オステオパシーって何なのか?”について、
何回かに分けて書いていきます。

実のところ、この説明を簡単に分かり易いようにするのって、結構難しいことなのですね。
仲間内でもよくそんな話題が出ます。
だから、何回かに分けて書くのは、
色々な話をすることで、
全体像を捉えていただこうと思う訳です。

それでも
“オステオパシーって何か?”って簡単に、一言で
言うなら、
“健康に向かっていく、健康を目指す医学”と言えるでしょうか。

でも、これだけじゃやっぱり何だかわからないですよね?

ただ、これが‘痛み止め’とか、症状をとりあえず抑えるというような対症療法でなく、
また、悪い所をフォーカスするようなやり方でなく、
“健康を見る、健康なものを見つけていこう”
というユニークな発想の医学ということはわかっていただけるでしょうか?

なんか余計にわかりづらくなっちゃいましたかね?

関連記事

  1. 4大原則その2)構造と機能は互いに関係し合う。

  2. オステオパシーって骨をやるの?それとも筋肉?

  3. 4大原則その1)身体は1つのユニットであり、肉体・精神・霊性…

  4. 4大原則その3)身体は“自然治癒力”と“自己調整能力“を持つ…

  5. オステオパシーの創始者 A.T.Still先生の自叙伝

  6. ちょっと難しい“オステオパシー”実際にどんなことするのか?