オステオパシーの4大原則

前回、オステオパシーの治療というのは、
オステオパシーの考え方で施術すること とお伝えしました。

今回は「オステオパシーの4大原則」をご紹介します。

1) 身体は1つのユニット(全体で1つ)であり、
 肉体・精神・霊性を含む。

2) 構造(作り 解剖)と 機能(働き・役割 生理)は、
 互いに関係し合う。

3) 人体は“自然治癒力”と“自己調整能力”を持つ。

4) 合理的な治療は、上記の3つを含んだものである。

上記の原則に従い、
主に「オステオパシー手技療法(OMT)」と呼ばれる手技を用いるわけです。

次回から、4大原則を1つづつ簡単に説明していきます。

関連記事

  1. 4大原則その1)身体は1つのユニットであり、肉体・精神・霊性…

  2. 4大原則その2)構造と機能は互いに関係し合う。

  3. ちょっと難しい“オステオパシー”実際にどんなことするのか?

  4. コロナウィルスの感染が広がりつつありますが、スペイン風邪とオ…

  5. オステオパシーの治療院を探して来られたという方が、だいぶ増え…

  6. オステオパシーって??名前についてお話します!