4大原則その1)身体は1つのユニットであり、肉体・精神・霊性を含む。

1)身体は1つのユニットであり、肉体・精神・霊性を含む。

これは、
オステオパシーの4大原則の1番最初に挙げられている原則です。

“1つのユニットである”とは、
「体全体は繋がり合っていて一つなんですよ」ということで、

機械的な肉体だけを考えても、
筋膜などの結合組織による連続性、
つまり、
結合組織が全身の全ての構造を繋げている為に
力学的に一つの繋がりになっていますし、

神経系や内分泌系・免疫系などは全身に及んでいます。

そして、各器官や器官系はそれぞれ役割分担されていますが、
これらは個々で働くのではなくて、連携して働いています。
やはり、
いずれかに不具合が出てしまうと充分な働きができません。
ひどくなると、病気になってしまいますね。

 ➡ つまり、構造的(解剖的)にも 機能的(生理学的)にも一つに繋がっているのですね。

また、人という一つの生命体は、
肉体・精神・霊性を併せ持っており、
それらも関係し合っていると考えています。

感情的または精神的な問題が肉体に不調をきたすことは、よく知られていますね。

また、
これはある人達には認めてもらえないことかもしれませんが、
我々の身体はエネルギーの流れや広がりを持っています。

そうしたエネルギーがブロックされたり押し込まれたりすると、
肉体的・精神的にも不調や痛み、病気となって現れます。

オステオパシーでは、
肉体的な機能障害を正常にするのと同時に、
こうしたエネルギーのブロックを解放する手助けをします。

身体は全体で一つ”という考え方、なんとなくでもご理解いただけたでしょうか?

関連記事

  1. よく聞かれる事「オステオパシーって何か?」

  2. オステオパシー問診~過去のことや一見出ている症状と関係無さそ…

  3. オステオパシーって骨をやるの?それとも筋肉?

  4. 腰や膝が痛い方、当院は回数券の販売はしておりません

  5. オステオパシーの創始者 A.T.Still先生の自叙伝

  6. オステオパシーって実際にはどんなことするのかを知らせします